EC-CUBEを最新版(2.13.3)に移行作業一覧
  以前書いたEC-CUBEより3年の月日が経ち、当時Ver.2.11だったEC-CUBEもVer.2.13.3まで上がっていて様々な仕様変更やプラグインの導入など便利機能が強化されています。 当時無かったクレジットカード決済の『SPIKE』に興味がわき、今回のアップデートを行うことにしました。 ※SPIKEの特徴は無料で使えるリンク型は、初期費用・月額・決済手数料・トランザクションフィーが一切無料。 唯一の手数料は出金時の振込手数料500円、出金は手動で毎月4日までに手続きしたものがその月の末日に振り込まれる。 1回の決済の限度額は6万円、上限決済額:月100万円まで。 ビジネスプランは月額3,000円、APIが使えるようになるほか、 1回の決済の限度額が30万、月の上限決済額が1,000万(超過分は2.5%+30円)になる。 現在運用しているサーバのアップグレードやWindows8.1への環境移行、XAMPPのアップデート、EC-CUBEのアップデートと様々な環境が以前とは異なり慎重に作業を行う必要があります。 そこで今回は移行作業予定を一覧にし、順番に作業を行っていきます。 随時作業内容はブログにアップするので、参考にしてもらえればと思います♪ 現在運用中のサーバが最新のEC-CUBEのシステム要件を満たしているか確認する。 Windows8.1にXAMPPをインストールする。 サーバの文字コードを調べる。 XAMPPの設定を行う。 EC-CUBEファイルをXAMPP内にインストールする。 EC-CUBE用のDB(データベース)を確認する。 PCに構築したEC-CUBEの動作確認。 現在運営しているデザインを適用する。 サーバのDBをエクスポートする。 PCにDBをインポートする。 DBがきちんとインポートされたか確認作業。 各カスタマイズを行う。※各カスタマイズ時に動作確認をしっかり行う。 運用中のEC-CUBEサイトをメンテナンスモードにする。 カスタマイズに応じて運用サーバのDBを変更・修正。 サーバにカスタマイズした最新のEC-CUBEを上書きする。 動作確認。 今のところ考えられる作業はこれだけだと思いますが、久しぶりのカスタマイズなので間違いなく作業の抜けやトラブルがあると思います。 その辺は、作業を進めていくうちに対応していきたいと思います♪ また、最後の13~16まではアクセスが少ない時間帯を狙うので夜中の作業になりますし、思っていた以上に時間がかかる作業です。 このあたりもサーバ環境やネット環境速度などでも変わるので注意が必要です。   ...more»