top-image

Archives for DTM

トモ君、初めてのAKAIパッド!
初めてのドラム打ちこみに挑戦ですw ってかまだ早すぎた・・・Σ(゜∇゜|||) ...more»
インターネットで同期して同時レコーディングできるVSTプラグイン
以前インターネットを使った同時レコーディングができるアプリケーションがありベータ版に応募したのですが、当選しなかったので公式版ができるまで待っていたのですが、何の情報も回ってきません。 しかも、1年ほど前だったかアプリ名が忘れてわからなくなり、ググッたのですが結局わからず他で見つけたアプリです。 2005年頃に話題になったみたいで、以前は日本支社もあったようですが現在は日本語での情報はほとんどありません。 ただ、本家のホームページ(Digital Musician.net)は健在で現在でも運営しているようです。 アプリ名はDigital Musician Containerといい略してDMCと呼ばれています。同じ同期機能を持ったアプリでDMPがありますが、これは使っているDAWでVSTiとして使用します。 このDMCの特徴としては 総合的なオーディオ変換機能を備えたマルチトラックレコーダー Rewireの完全サポート P2P技術を利用し、リアルタイムで最大3人までの同時接続 VSTプラグインのサポート デスクトップ上でお使いのシーケンサー(DAW)間において、ドラックアンドドロップによって、オーディオファイルを扱うことができる。 DMNサーバーを介し、プロジェクトの自動的なデータ同期が可能 ウェブカメラを利用したビデオチャット機能 ASIO / Core Audioのサポート と一通り必要な機能が備わっています。 しかも無料で同期機能が使えるので使わない手はありません。 最近は周りの音楽仲間も家でレコーディングできる環境が整い、プリプロやセッションに関しては1箇所に集まってする必要がありません。 お互い時間の都合がつく時間にパソコンの前にいればいいので移動時間の削減にもつながります。 使い方はいたって簡単で、本家のホームページ(Digital Musician.net)で新規登録をしてプログラムをダウンロードします。 ダウンロードできるプログラムは2種類あり、DMCとDMPです。 DMCは完全独立アプリケーションで単体でも動作します。 DMPは使っているCubaseやSonarなどのVSTプラグイン対応のDAWでVSTプラグインとして動作するアプリケーションです。 最大の特徴はデータの軽いMP3でプレビュー同期を行い、最終ではロスレスのWavで同期が行えるのでストレスなくやり取りができるはずです。 ただ、それでもそれなりの回線スピードが必要だと思います。 実際試していないのでどの程度使えるか分からないので時間を見つけてレビューも書きたいと思います。 どの様なアプリか動画をいくつかアップするので興味がある方はチェックしてみてください。 ...more»
M-AUDIOのオーディオインターフェイス「Project MIX」を買いました。
以前からオーディオインターフェイスにM-AUDIO社のFirewire410を愛用していたのですが、入力端子が2chのみで8chタイプが以前から欲しいと思っていました。 よければミキサータイプでタッチセンスとムービングフェーダーが付いているタイプを狙っていました。 PROJECT MIXの発売は2005年と随分古い機種ですが、音質は評価が高く今でも十分使える機種だと思います。 何よりミキサータイプは操作性が高いので楽にミキシングができるのがモチベーションを維持するコツだと思いますw 発売当初12万ぐらいで販売されていたハイエンド機種をいくらで買ったかというと・・・。 かな~~~~~~~り安く手に入れることができました(*´▽`*)ノ゛ 使用頻度の少ないBEHRINGERのBCF2000とFirewire410をYahooオークションで売ったらほとんど手出しなしで手に入ったようなものです。 中古なので箱はくたびれていましたが、中身はほとんど傷もなく新品に近い状態で興奮!! さっそくすべてのチャンネルにマイクをつないで、問題ないかをチェックしました。 Firewire410に比べどのチャンネルもクリアに録音ができ、ノイズが全く乗らないのにはビックリ!(⌒▽⌒;) どのチャンネルもしっかり録音ができフェーダーやボタンも問題ありませんでした。 ムービングフェーダーがどんな感じに動くか動画を撮影しました。 速い動きは苦手ですが、十分実用範囲です。 ...more»
CubaseでAKAI professionalのMPD32を使用する時の設定方法
MPD32を使用する場合、何故かCubaseではきちんと動作してくれません。 海外のサイトではCubaseでMPD32は非推奨とされ、みなさん頭を悩ませているようです。 MPD32には様々なソフトウェア用のプリセットが入っていてCubaseのプリセットも初めから入っているのですが、セットしてもうまく動作しないので色々調べたのですがあまり情報がないので試行錯誤しました。 辿り着いた設定の方法は以下の通りです。 MPD32のプリセットをCubaseにします。 Cubaseのメニューからデバイス⇒デバイス設定⇒読み込みでAkai MPD32.xmlファイルを読み込みます。 ※ドライバCDにCubase用のxmlファイルが入っていますが、うまく動いてくれないので編集したxmlファイルをダウンロードしてください。 これでCubaseで使用することができます。 配布の設定ファイルはMPD32のF1~F8にCubaseの各ボリュームフェーダとMPD32のS1~S8にCubaseの各チャンネルミュートボタンとMPD32のK1~K8にCubaseの各チャンネルのパンを設定しています。 また、各設定はCONTROL BANKの順に設定しています。 ネットではMPD側のStopやPlayボタンの動機はMIDI/MMCに変更すればいいと書いてありますが、CTRLのままじゃないと動きません。 それ以外に各ボタンやフェーダーに設定変更を行いたい場合は、デバイス設定の下半分の部分を変更すればいいです。 ...more»
リアルタイムにオンラインで作曲を共有できるDAWがすごい!
Ohm Studioというソフトウェアが凄い!! 何が凄いかというと・・・・以下の動画を見てもらうのが一番かと。 オンラインでタイムラインを共有できるってのは画期的ですね!! メンバーが家に気軽に集まって音楽活動ができる方はいいのでしょうが、仕事をして家が遠かったり県外同士で普段気軽に会えない友達とも一緒に作曲ができます。 何より作業を同時進行できるってのは素晴らしいですね。 極端な話ドラムパートを入れて、コード進行を決めたら後はギター・ボーカル・ベース・キーボードの担当が一斉に作業開始できます。 4倍も5倍も速くできる可能性もあり、思いもしないフレーズがお互いから出てくる可能性も増えます。 ただ、同じくらいギターとボーカルラインが喧嘩したり、ベースとギターラインが合ってなかったりとお互いの作業に気を配る必要は出てきますが・・・。 これを見たときに最初に思い出したのは、大好きなロックバンド『Extream』のWaiting for the Punchlineというアルバム。 このアルバムは各パートが自室にこもり随時レコーディングをしたという!!※随分と昔に聞いてウル覚えですが・・・w まさに同じことがオンライン上で行えるですね!! 東京にいる友達のドラマーやメキシコのギターリストともセッションができる可能性もありますね!! 私はあまり利用しないと思いますが、世界中から様々な方を招待して一緒に作曲もできるようですね。 作業を重ねていくと迷走する可能性もありますが、様々な可能性を秘めた環境が構築できそうですね。 ただ、各自のオーディオインターフェイスや音響など様々なので、ギターは音がいいのに、ベースは音がこもってるなど問題が出てきそう。 ドラム担当は打ち込みメインでしょうか?電子ドラムが家にある方はLineでもMIDIでも両方いけるので問題なのでしょうが、マイクから生ドラムをレコーディングするとなるとそのような環境を持っている方は少ないようにも思います。 考えれば様々な問題がありますが、可能性は無限大です。 先日クローズβに応募したのですが、音沙汰がありません。 発売日と価格等まだ発表されていませんが、非常に楽しみなソフトウェアです。 ...more»
Page 1 of 2:1 2 »
bottom-img