top-image

Tag archives for カスタマイズ

EC-CUBE 2.11.~ mtb_mail_templateを追加するときの注意点
EC-CUBEで運営を行う場合、メールテンプレートを増やしたい事が多々あります。 私の場合は、振込先銀行別にテンプレートを作っていたり、入金確認メールや催促メールなど様々です。 管理画面のマスタデータ管理画面からmtb_mail_templateとmtb_mail_tpl_pathを追加してパスに対して必要なファイルを編集・追加すればいいだけですが・・・。 ここで注意点があります。 もしお問い合わせメール(自動配信)のデフォルトIDは5ですが、ID番号を変更する場合はdata/class/pages/contact/LC_Page_Contact.php内を修正する必要があります。 とはいっても修正部分は最後の     /**      * メールの送信を行う。      *      * @return void      */     function lfSendMail(&$objPage){         $CONF = SC_Helper_DB_Ex::sfGetBasisData();         $objPage->tpl_shopname = $CONF;         $objPage->tpl_infoemail = $CONF;         $fromMail_name = $objPage->arrForm ." 様";         $fromMail_address = $objPage->arrForm;         $helperMail = new SC_Helper_Mail_Ex();         $helperMail->sfSendTemplateMail(             $objPage->arrForm,            // to             $objPage->arrForm .' 様',    // to_name             5,                                              // template_id             $objPage,                                       // objPage             $CONF,                               // from_address             $CONF,                             // from_name             $CONF,                               // reply_to             $CONF                                // bcc         );     ...more»
バージョンアップ後のL-04CをRoot化(ルート化)
先日のOSアップデートでRoot化が解除されていたので改めてRoot化を行います。 3ヶ月ほど前にRoot化して使っていたのですが、Root化したことにより非常に使い勝手が良くなりました。 Root化する事に様々なカスタマイズが出来るようになりますが、どの様なメリットがあるか知らない方の為に書置きしておきます。 Autostarts(有料)が使える。 バッテリー節約には必須のアプリです。バックグラウンドで勝手に立ち上がるアプリはタスクキラーでKillしてもすぐに復活します。なのでAutostartsで不要なアプリが勝手に立ち上がらないように設定すると、バッテリーの持ちが良くなるだけでなくスマートフォン自体の動作も非常に機敏になります(アプリ節約のお陰)。 Titanium Backup(無料)が使える。 アプリのバックアップや削除が出来るアプリですが、このアプリの凄いところはバックアップしたアプリの設定やキャッシュまでもバックアップしてくれる点です。また複数アプリの一括バックアップやリストアも簡単にできます。ROMを初期化する時になど非常に重宝します。またこのアプリの凄いところは、標準では消せないアプリでも削除が可能なところです。買ったスマートフォンには絶対使わないので不要・・・でも消せないアプリは多数あります。そのようなアプリを削除してくれます。ただ、この場合もきちんとバックアップを取っておく事をお勧めします。もし削除して動作がおかしくなった場合には必要になるからです。 カスタムROMが使用できる。 カスタムROMをインストールする事によりAndroidバージョンを2.3.4?まで上げる事が可能になります。(現在はマーケットに非対応) 【参考】http://oresamaserver.dip.jp/blog/?p=2349 カメラのシャッター音を消す。 専用アプリでシャッター音がならない物がありますが、高画素で撮影できなかったり画像処理ができなかったりと制約がありますが、使いたいアプリの音を無音に変えたり削除することでシャッター音を消せます。 バッテリー100%表示 非常に地味ですが、非常にバッテリー残量が見やすくなります。他のアプリを入れて同じような表示が出来ますが、デフォルトの表示と別に表示されるので邪魔くさいです。 【参考】http://d.hatena.ne.jp/atsurin/20110428/1304144312 CPUのクロック調整 オーバークロックで動作を快適にする(バッテリーの減りが速くなったり、動作が不安定になる場合がある) クロックを下げてバッテリーの持ちを良くする(動作が遅くなります) デザリング デザリングをONにする事によりパソコンやタブレットなどの機器のインターネット接続の橋渡しをしてくれる。 私自身、この機能は全く必要としていませんが、必要な方には必須です。 フォントの変更 お気に入りのフォントに変更できます。 ただ注意が必要なのはスマートフォンが文鎮化する可能性があるという事です。 まぁ、文鎮化しても初期化はできるので問題ないのですが、最悪の場合壊れるかもしれません。 壊れてもキャリアのサポートは受けられません。 さて、ここまで読んでもやってみたい方は是非挑戦してみてくださいw ※完全自己責任ですよ!! SuperOneClickのバージョン2.3.3.0をダウンロードし解凍します。 他のサイトの記事にはバージョン1.7じゃないとできないとありますが、1.7では逆にできなくなりました。 L-04Cの設定→アプリケーション→開発→USBデバックをONにする。 スリープモードにしないをONにする。 PCとUSB接続する。 この時ドライバがインストールされていない場合は、LGの公式サイトよりドライバをダウンロードしてPCにインストールする) SuperOneClick.exeを起動する。 左上のRootボタンをクリックする。 ひたすら待つ 完了通知が出たらRoot化完了です。 後は必要なカスタマイズをして楽しんでください。 ...more»
EC-CUBE 2.11~ mtb_order_statusで発送待ちのID変更に対応
EC-CUBEの管理画面⇒マスターデータ管理でmtb_order_statusを増やす場合、見た目的に順番を変更したい場合があります。 ただ、そのままIDを変更すると一部が動作しなくなります。 発送待ちの初期設定はIDが5ですが、これを変更すると全商品発送日などで情報が更新されません。 これはdata/mtb_constants_init.phpの529行目の /** 発送済み */ define('ORDER_DELIV', 5); とdata/cache/mtb_constants.phpの527行目の /** 発送済み */ define('ORDER_DELIV', 5); が定義されているためです。 この5の部分を変更したID番号にすればきちんと動作するようになります。 このように変更したIDがあればこの前後にそれぞれの設定箇所があるので修正します。 ※修正後はそれまで付けていたステータスも変わるので変更が必要になります。 ...more»
EC-CUBE 2.11~ mtb_order_statusを増やしても適用されない場合
管理画面のマスターデータ管理でmtb_order_statusを増やして、オーダーステータスを増やしたいことがあります。 オーダーステータスとは『新規受付』や『発送済み』など、商品の対応状況がわかるためのステータスです。 ここに『発送待ち』や『カード決済済み』など増やしても、受注管理で増やしたステータスが表示されない場合があります。 この場合、data/chache/mtb_order_status.serialとdata/chache/mtb_order_status_color.serialを削除すればいいです。 サーバによっては削除後はキャッシュが作られず、空のステータスだけになりますが、私の場合はローカル環境で作ったのを上書きしました。 ※発送済みなどのステータスIDを変更すると、一部動作しなくなりますが、そのあたりは次回mtb_order_statusでID変更に対応で書きます。 ...more»
EC-CUBE 2.11~ 商品詳細メインコメントをパソコン用・モバイル用・スマートフォン用に別々に登録する。
折角EC-CUBEのVer.2.11~はスマートフォンに正式に対応して、個別にデザインを変更できます。 ただ出来る変更点が『レイアウトの変更』『ブロック設定』『ヘッダー・フッター設定』などサイト全体のページデザインはできますが、パソコンと同じ商品詳細コメント(商品の説明文)が表示されるので、画像は大きくて表示されなかったり、DivタグやCSSの設定でレイアウトが崩れたりと色々不都合があります。 商品説明には基本的には同じ様な文章を使いますが、HTML的には全然違う事が多いと思います。 そこでモバイルページやスマートフォン用に詳細コメントを登録できるようにします。 データベースのdtb_productsに カラム名:mobile_main_comment データ型: text 空の値:NULL カラム名:smart_main_comment データ型: text 空の値:NULL を登録します。 data\smarty\templates\admin\products\product.tplに太字の部分を修正または埋め込む     <tr>       <th>パソコン用詳細-メインコメント<span>(タグ許可)*</span></th>       <td><span><!--{$arrErr.main_comment}--></span>         <textarea name="main_comment" value="<!--{$arrForm.main_comment|h}-->" maxlength="<!--{$smarty.const.LLTEXT_LEN}-->" style="<!--{if $arrErr.main_comment != ""}-->background-color: <!--{$smarty.const.ERR_COLOR}-->;<!--{/if}-->" cols="60" rows="8"><!--{$arrForm.main_comment|h}--></textarea>         <br />         <span> (上限<!--{$smarty.const.LLTEXT_LEN}-->文字)</span></td>     </tr>     <tr>       <th>モバイル用詳細-メインコメント<span>(タグ許可)*</span></th>       <td><span><!--{$arrErr.mobile_main_comment}--></span>         <textarea name="mobile_main_comment" value="<!--{$arrForm.mobile_main_comment|h}-->" maxlength="<!--{$smarty.const.LLTEXT_LEN}-->" style="<!--{if $arrErr.mobile_main_comment != ""}-->background-color: <!--{$smarty.const.ERR_COLOR}-->;<!--{/if}-->" cols="60" rows="8"><!--{$arrForm.mobile_main_comment|h}--></textarea>         <br />         <span> (上限<!--{$smarty.const.LLTEXT_LEN}-->文字)</span></td>     </tr>     <tr>       <th>スマフォ用詳細-メインコメント<span>(タグ許可)*</span></th>       <td><span><!--{$arrErr.smart_main_comment}--></span>         <textarea name="smart_main_comment" value="<!--{$arrForm.smart_main_comment|h}-->" maxlength="<!--{$smarty.const.LLTEXT_LEN}-->" style="<!--{if $arrErr.smart_main_comment != ""}-->background-color: <!--{$smarty.const.ERR_COLOR}-->;<!--{/if}-->" cols="60" rows="8"><!--{$arrForm.smart_main_comment|h}--></textarea>         <br />         <span> (上限<!--{$smarty.const.LLTEXT_LEN}-->文字)</span></td>     </tr> data\smarty\templates\admin\products\confirm.tplに太字を埋め込む       ...more»
bottom-img